2/5発色
だから全色、似合ってしまう
“美人発色”という発見

COLUMN 〈VOL.3〉

“発色が良い”ほど良い口紅……は幻想でした


口紅はこれまでずっと“発色の良さ”を究極のテーマとしてきました。発色の良い口紅ほど、“良い口紅”、“優れた口紅”……そういう揺るがぬ法則があったのです。 だからもちろん、女性たちも発色の良さで口紅を選んできました。でもそれ、本当に正しいのでしょうか? 発色の素晴らしい口紅を選んでも、それを塗りこなせずに、使わないまましまってある……そういう人が少なくないのではないでしょうか? “似合わない”と感じたり、“キレイになっていない”と感じたり、“メイクがうまく決まらない”と感じたり……ともかく納得のいく仕上がりにならないことのほうが多いのではないでしょうか?発色が良いほど、良い口紅……キッカはそれを幻想だったのだと考えました。勇気をもって、でも確信をもって、そう訴えたいのです。

美人にみせない口紅は口紅ではありません。だから“キレイな色を薄く薄く”……


ではどんな口紅が良い口紅なのか?キッカの開発者でありブランド・クリエイターである吉川康雄は、こう訴えます。「じつは色がないほうが人が美しく見えます。発色しすぎると、唇を隠ぺいして人がキレイに見えない。だからキレイな色を薄く薄くつける。それが決め手なのです」。良い口紅の条件よりも何よりも、とにかく“人が美しく見えること”を最優先させたからキッカは、あえて発色を抑えた口紅に行きついたのです。かくして明度の高いきれいな色を、唇が透けて見えるくらいに薄く薄く発色させる口紅……吉川康雄が理想と考える口紅、キッカ メスメリック リップスティック完成。 “キレイな色を薄く薄く”……この基準ですべての色をつくったら、 きっと誰もが全色使えるラインナップが生まれました。1色の“捨て色”もない、それ自体が快挙です。

I T E M


鮮やかな色彩と、透明感のある2/5発色で、
印象的な唇に魅せるリップスティック。

メスメリック リップスティック

3,800円(税抜)
 

※表示価格はメーカー希望小売価格です

Page Top