BEHIND THE SCENES 11
2019 SUMMER COLLECTION



艶をコントロールし、
品と華やぎをのせるプレストパウダー
 
 


最初にはっきりさせておきましょう。
CHICCAのプレストパウダーは、メイク直しのためのアイテムではありません。
シミや色ムラのカバーはファンデーションの仕事というのが、私たちの考え方。
では、ベースメイクにおけるその存在意義とは何か?
それは“肌の質感をコントロールすること”です。

たとえばフォギーな肌に仕上げたい気分の朝や、
リュクスなムードにシフトチェンジしたいディナーの前に。
プレストパウダーをサッとひとはけすれば、艶をほんの少しだけ抑えて、
フレッシュ感は保ちつつもひときわ端正な肌へと仕立ててくれます。

いわゆるメイク直しを目的としたパウダーと違うのは、
粉にしっとりとした濡れ感があるところ。
だからメイク直後のうるおって艶々の肌とも、
時間が経って皮脂で湿った肌とも調和して白浮きせず、感覚のままに光具合を操れる。
いわばベースメイクの“名調整役”なのです。





注目すべきは、透明度の高いガラス由来のミストラメ。
動くたびにチラチラと瞬く繊細なチェーンネックレスのきらめきをイメージし、
肌に纏わせることを目指しました。
輝きがはっきりと見えてしまっては品がないから、あくまでもさりげなく。
でも表情や仕草のひとつひとつはエモーショナルに彩るような––。

さらに夏の限定色には、ピンクやイエロー、
透明感をもたらすラベンダーブルーのラメを幻想的な月のように浮かべて。
一見カラフルなこのラメ、実のところは透明で、
光の反射によって色みを演出しているのがCHICCAならでは。
ブラシに取って頬やまぶたにふわりとかけて、
カラーフィルターのようなニュアンスを楽しむのも今の気分です。
きらめくプレストパウダーにしかできない、ワンステージ上の肌づくり。
今すぐ手に入れて、ベースメイクにもあなただけのスタイルを。



Page Top