BEHIND THE SCENES 6
2018 AUTUMN COLLECTION



本物のイノセンスは
スキンケアから始まる
 
 



CHICCAはその場限りのメイクアップを追求するブランドではない。

女性があるがままの自分の美しさを見出して、心からイキイキと輝けるように。
そのために本当に必要なプロダクトを真摯に見つめ、
スキンケアやメイクアップの垣根なくクリエイトしている。





「年齢やトレンドを問わない美肌づくりの絶対条件とは、
肌が水分を抱え込み、表面にしっとりとした濡れ感があること。
それを効率よく叶えるためには、
ベースメイクの前段階のスキンケアによるアプローチが不可欠だよね。
肌内部に水分を留めるためには、同時に油分もなくてはならない。
その両方をベストバランスでチャージできるのがこのローションなんだ」(吉川さん)。

この9月に発売される「ビューティグロウ モイスチャーエッセンス」は、
いわば“水のバリア”。肌表面に水に濡れた油膜をつくるイメージで、
時間が経っても指がしとっと吸いつくような感触が保たれる。
乾いたティッシュよりも濡らしたティッシュの方がシワやキメの粗さが目立たないように。
この濡れ感が肌のなめらかさと透明感や印象づけてくれることは、想像に容易い。





スキンケアの後に使う「フローレスグロウ ソリッドファンデーション」は、
くすみや色ムラを整えるメイクアップ効果もさることながら、
肌に水分を留めるための“フタ”となる役割に注目してほしい。
かつて数人の女性にスキンケアはまったく変えずに
このソリッドファンデーションを使ってもらい、
肌の水分量がどれくらい変わるか個人的に実験したことがあるという吉川さん。
その結果、何人もの女性が美容液を継続使用したときのように
肌内部の水分量が上がったというエピソードを教えてくれた。
スキンケアとベースメイクがリンクして初めて成り立つ、
極めてヘルシーな本当の意味での美肌づくりがここにある――。





「スキンケアも、ベースメイクも、ポイントメイクも、
すべては繋がっているという意識をもってほしい。
それらが渾然一体となって、見せかけではない本物のイノセンスは生まれるのだから」。



Page Top