BEHIND THE SCENES 8
2018 WINTER COLLECTION



鮮やかorくすみ?
ピンクリップの性質を極めて、
女を上げる

 
 


CHICCAのシグネチャーカラー、PINK。

そのオマージュとして、ブランド10周年を迎えるこの冬、
過去にひときわ人気を集めた9本のピンクリップが限定リバイバル。
そして新たなピンクがまたひとつ、誕生する。

ブランドクリエイター・吉川康雄のこだわりの詰まった
この特別な色のリップ、実は大きく2種類に分けられるのをご存知だろうか?



「CHICCAの場合、鮮やかなピンクリップは透明のカラーフィルターのようなもの。
素の唇をうっすらと透かして、彩度の高い色も顔から浮く心配がない。
それどころかくすみをパッと払って、大人にちょうどいい遊び心を即座にまとえるはずだよ。
くすんだピンクリップは色々なカラーを複雑に混ぜ合わせて、肌色と絶妙に調和する。
その人自身の唇になりすまして美人印象を底上げしてくれる色なんだ。
『キレイなメイク』ではなくて『キレイな唇』と思わせてくれるような、ね」(吉川さん)。





どちらのピンクもエフォートレスにつけこなせることは絶対条件。
でも色を“魅せる”のか、それとも“さりげなく醸す”のか。
それによって一目置かれるお洒落な人にも、ナチュラルで美しい人にもなれる。
このことを理解するだけで私たちはまたひとつ美の知性を手に入れ、
場所や予定、会う相手に合わせて様々な顔を持てるのだ。


「鮮やかとくすみ、この2種類のピンクを極めたら、
後は自分が欲しいと願うイメージの色を心の赴くままに手に取ればいい。
儚いイノセンスを叶えるホワイトピンクにうっすらと赤みを帯びたキスマーク色のピンク、
微かにツヤめくヘルシーリッチなゴールディピンク……。
僕の記憶に残る魅惑的な女性像のすべてを、このリップひとつひとつに託しているから」。



Page Top