SHE IS Vol.15
February 2019


リップグロス×アイシャドウでつくる
Spring Look #04


“PURE NIGHT OUT”





触れたらひやりとして冷たそうだ、と鏡を見て思う。

ナイトアウトの喧騒から少しだけ逃れたくて、
ホワイトピンクのグロスを塗った。
氷のように儚い輝きは、火照った夜の街にきらきらと溶けてゆく。
まなざしはカーキのキャットラインで、どこかエッジィに。

他の誰とも似ていたくない。
この夜は、わたしだけのもの。





唇には、ひやりと冷たい感触を思わせる “低音ピンク”(03)を。
顔色をよく見せる最低限の血色を保ちつつも白の割合を大幅に増やし、
どこか儚げな美しさを感じさせることを狙った。
この繊細なイメージを体現するためには、絶妙なバランス感覚が物を言う。
決して病的だったり、あざとくは見えないように。そして顔から浮かないように。
色だけではなくパールの配合にもこだわり抜いた。

アイラインを縁取るように入れたカーキのアイシャドウ(02)は、
強さと深さ、危ういムードを同時に叶えるニュートラルカラー。
クールな中にも秘めたるセンシュアリティを醸し出す。

あなたの周りの空気だけが、ふっと透きとおる。



Page Top